美味アワード

      「美味アワード」とは

「美味アワード」とは、全国から応募された
「食品」に対し、日本の一流シェフ集団が
「美味しさ」を基準に公平な審査を行い、
「美味しさ」の各種基準を満たしたものを
認定・褒賞するプロジェクトです。


~ジャパンクオリティー最高峰の
「美味しさ」のブランド化を目指します~


シェフが発掘・審査し「美味アワード」という
目に見え判りやすい「箔」がついた美味しさをもつ
商品は、地域の生産者・中小食品製造業者・
流通業者・生活者をつなぎ、
「国内外における食分野での新たなビジネスの創出」
「地方振興、地域活性化への波及」
「消費者が“美味しい”商品を選択する基準」
に寄与する大きな可能性を秘めていると考えています。


そしてこの「美味アワード」プロジェクトを通し
「日本各地の食文化の伝承と発展」に貢献して参ります。


また、この「美味アワード」プロジェクトの
大きな特徴は、単に「美味しさ」を
評価・認定するだけではなく、
「シェフ」を中心とした「審査委員会」の
評価コメントを直接出品者へフィードバックし、
それを基に次なる「強い商品」
開発につながるヒントをシェフと共に考える
「フォロー体制」を備えている事です。


事業としては、応募される企業・団体から審査費用をいただき、
「一般社団法人ChefooDo」に所属する一流のシェフや
食の専門家による審査を経て「美味アワード」を決定します。


認定を受けた食品は一定期間、
認定マークを付けて販売して
いただけるようにします。

審査する一流シェフは、
味を単に評価するだけでなく、
最終審査に残った優れた商品については、
シェフの知識や経験を活かし、
アドバイスなども行うことも考えています。


食べるJAPANとは

「国産を食べよう!」を合言葉に、地域に眠って
いる国産の「美味しい」を発掘して、
生活者に知ってもらい、
本物を選び、食べ続けてもらうことで、
地域活性化につながる活動を推進していきます。

そのために、生活者に本物の美味しい情報を
伝えると共に、地域のこだわり生産者・
食品事業者と交流して、
一緒に地域が元気になることを考えて、
実践できる場を創造していきます。

また、生活者に国産の本物の「美味しい」が
正しく伝わるように、生産者・食品事業者とシェフと
食の専門家(プロデューサー、フードコーディネーター、
プランナー、デザイナー、クリエイター、栄養士、料理家、
インフルエンサーなど)が三位一体となって、
変化の時代に美味しさの見える強い
商品・サービスづくりを行っていきます。

生産者・食品事業者が抱える各種課題を解決するために、
味覚・食味力の最高峰を知る一流シェフが持つ観察力、
創造力、組合わせ・擦り合せ力、創造力、表現・伝達力などを
活用して、生活者に分かりやすく伝わるように
食の専門家に具現化してもらいます。

食べるJAPAN 美味アワード詳細はこちら
https://taberujapan.com/award/

認定商品はこちら